日勤のみ 看護師求人

ナースコールが鳴り止まない!夜勤なのに全然座れないほど忙しくて気が狂いそうになる夜勤・・・。

夜勤の時間帯というと、一般的には日勤よりも業務が少なくて、比較的に落ち着いているんですよね。
でも、それは病棟によって全く違ってくるんですよ。
私が働いているのは急性期の病棟で、緊急オペが何件もあって、末期がんの患者さんも多くて、
病院の中では最もハードな職場なんです。(>_<)
夜勤になると、スタッフの数が少なくなりますよね。
夜勤は看護師が3人しかいないので、ナースコールの対応や急変やステルペンの対応に忙しくて、
いつもグッタリしてしまうんです。

 

ほとんどの病棟では、消灯時間が過ぎると静かになって、待機しているという場合がほとんどだと思うんです。
でも、うちの病棟は違いますね。
眠れないといってナースコールを鳴らす方、トイレに行きたいという方など、ナースコールが鳴り止む事はありません。
私達も、ナースコールに早く対応したいと思っているんですよ。
でも、急変対応や緊急入院があるので、そのような患者さんがどうしても優先になってしまうんです。
でも、患者さんにはそれを理解して貰う事はできませんよね。
患者さんは、とにかくすぐに来てもらいたいと思ってるので、看護師が来るまで、
ナースコールを連打する方も沢山いるんですよ。(ー_ー”)

 

そのような状態だから、夜勤明けも、3?4時間の残業が当たり前です。
仕事が終わるのが昼を過ぎてしまう事も少なくないんですよね。
基本的には、夜勤の時間帯には休憩や仮眠があるんですけど、とてもそんな時間はありません。
食事時間もないくらいなんです。(TーT)
他の病棟で働いているスタッフは、しっかり仮眠を取れるので、夜勤明けも元気に過ごせると言っています。
あまりにも差がありすぎて、なんだか罰ゲームを受けているような気分になりますよね。